中山道の旅 蕨宿

荒川を渡り、いよいよ埼玉県へ。
江戸(東京)ともお別れかと思うと
感慨もひとしおです。

今は橋を渡ればすぐに対岸ですが、
江戸の頃は戸田の渡しと呼ばれる
船着き場があって、
旅行く人は船でこの川を渡っていたそうな。

そして次なる宿場は蕨宿。
こちらは街道沿いに昔の面影が残されていて、歩くには楽しいところでした。

  


途中、歴史民俗資料館 分館に立ち寄り一休み。
明治時代の織物買継商の建物を無料で一般に開放しているとのこと。
暑い日だったので、庭を眺めながらの涼風は何よりのご馳走でした。

 


老舗のおせんべい屋さん=萬寿屋さんでお土産を買い、
隣りの三学院にお参りをすませ、次は浦和へと歩みを進めます。

  

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

HOME |

嬬恋村からの便りです。