• 2017-04 ≪
  • 2017-05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  ≫ 2017-06

ちょん爺さんの近況



 先日、こちらの病院にお世話に
 なってきました。北軽井沢動物病院

 えぇ。もちろん私ではありません。
 お世話になったのは、ちょん爺さんです。


ちょん爺さんに何があったかと言うと…。

羽の力が弱くなり、思うように飛べなくなってきている今日この頃。
にも拘らず、気だけは若い頃のままなものだから、時々無謀な飛行を試みるのです。

その日も豪快に水浴びをしたあとのことでした。
ただでさえメタボ気味なうえに、ビッショリと濡れた体です。
私の肩へ戻ろうと華麗にジャンプをしたつもりが、体重に負けて
あっという間もなく見事に転落してしまったではありませんか。

慌てて拾い上げてみれば、足をしたたか打ち付けて力がはいらないようです。
もともと弱かった握力が、さらになくなってしまったようで
自らの意志ではしっかり開くことができなくなってしまいました。

…が。本人(本鳥)は一向に平気らしい。
足の指を「グー」にしたまま、平気で歩き回る、飛び回る。(- -;
見ている私は気が気ではないわけで…。

そこで病院に行って、診察&対処を相談に行ったのでした。

結果は…。このまま様子をみたらどうでしょう、とのこと。

レントゲンをとったりもできるけれど、歳が歳なのでかなりストレスに
なるに違いない。足をつけないとか、びっこをひくという訳ではないならば
むしろ余計な負担をかけない方がよいでしょう…とのことでした。
やっぱりそうかぁ。。。

そんな訳で、特に治療もないまま帰宅。
爺さんもふにゃふにゃした足ながら、とりあえず元気に歩き回っています。

ちなみに私はそんな爺さんを捕まえては、リハビリに精を出す毎日。
グーのままにしていては、きっとそのままの形で固まってしまうでしょうから
「パー」と出来るように、指を広げて立たせております。

その甲斐あってか、心なしか少しずつ「パー」できる時間が長くなったような。
人間でいうと御歳99才(推定)のちょん爺さん。元気で長生きするんだよ〜。


コメント

お大事にね
今日この日記に気付きました。
お大事にしてね。秋の到来が待ち遠しいね。
ちょんちゃん、ママの手厚い看護でいっそう甘えんぼに
なっているのかな?と想像してみたりです。
kobashiさんも疲れが出ないようにね。
  • 2011-08-30
  • kz URL
  • Edit
ありがとう
いつも温かいコメントをありがとう
本当に手のかかる爺さんで…。(^^;

台風が近づいているね。
kzさんも気を付けて過ごしてね。
  • 2011-08-31
  • koboshi URL
  • Edit
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

HOME |

嬬恋村からの便りです。