春がきた




   春がきた
   待ちに待った春がきた
 
   お日様の光があったかいな
   嬉しいな〜

今日は主役



「あっ! あの鳥なに??」
「な〜んだぁぁ。ヒヨドリかぁ。」

そんな会話を何度耳にしたことでしょう。
“なんだ” よばわりされてしまう可哀想な鳥。ヒヨドリです。

都会でも見られる…というだけでなく
さえずりと呼ぶにはほど遠い、キィーキィーという
うるさいくらいの鳴き声が不人気の理由なのでしょう。

でもよくよく見れば、ほっぺたがちょっとオレンジ色の
可愛い顔をしているんですよ。

きれいな桜をバックに、今日は主役に抜擢してみました。



余談ですが、この写真は東京都内で撮ったものです。
嬬恋の桜が咲くのはまだもう少し先のこと。
今年も開花はGWの頃でしょうか。待ち遠しいですね。


トビ

晴れた日。
少しずつ暖かさを運んでくる風が気持ち良くて、
畑の脇道をのんびり歩いておりました。

見上げれば雲一つない真っ青な空。
彼方には悠々と舞う鳥の姿も。
あぁ、日日是好日。




トビです。羽ばたくことなく
滑るように旋回する姿がかっこいい。


早春

『早春』 黒田三郎(詩集「羊の歩み」より)

   光り
   萌え
   匂い
   あふれる日ざし
   そよ風は
   あたたかく

   春
   いいえ
   日本がまだ世界の経済大国でなかった
   ついこの前まで
   春は 町にも村にも
   南から 空からやって来た

   でも
   今では
   スモッグと騒音の町から
   ひとびとは
   はるばる自動車を走らせる
   春を訪ねるために

   訪ねあてた花の村では
   何もかもがいっぺんに春
   そこに
   春はひかり
   萌え
   匂い



©m_kuroda 無断転用はお断りします



歩行注意



  陽光に照らされ日に日に進む雪融け。
  先端にツララをくっつけたままズリズリと
  落ちてきています。

  あともう1つ、何かきっかけがあれば
  一気に落ちそうなのに見事なバランス。

  動物達、危ないから下を歩いちゃ駄目よ。

HOME |

嬬恋村からの便りです。