猛暑の余波

東京では猛暑のおかげで今年は蚊が少なかったそうな。

一方、湿度が高くムシムシした嬬恋では
いつになく蚊が多かったような。

おかげで今夏は蚊取り線香が大活躍。

気密性の高いマンションではなかなか使えないけど
こうして外で使うなら、やっぱり昔ながらの蚊取り線香が一番。
この香りこそまさに「日本の夏」の香りですね。

写真は今年沖縄で買ってきた蚊遣り。
琉球ガラスの青がいかにも涼しげでしょ。



暑かった夏も、過ぎてしまえば良い思い出。

かくれんぼ

『かくれんぼ』 黒田三郎 (「もっと高く」より)

    急にしんと
    世界がしずかになる

    みんなが意地わるく
    黙りこんで

    頬っぺたのうぶ毛に
    なまぬるい風が吹く


©m_kuroda 無断転用はお断りします

何の声でしょう?

とある夜のこと。
外からこんな声が聞こえてきました。まずはこちらを聞いてみて下さい。

http://103.dtiblog.com/t/tsumagoidayori/file/koe.mp3
 (※ 注:音声が出ます)

さぁ。何の鳴き声だか、わかりますか?

正解は。フクロウです。

フクロウって「ホーホー」って鳴くものだと
思っていなかったでしょうか。

そういう私もまさにそう思っていたので、
この声の主の正体がわかった時はとても驚きました。

始め、林の中からこの声が聞こえてきた時は
鳥が怪我をしたりして、苦しんでいるのかと思ったのです。

助けてあげられないか…と、声を頼りに近づいてみたものの
街灯のない真っ暗闇の中では何も見えず一度は断念。

気になってしばらく耳を傾けていましたが、
一向に鳴き止まないため、今度は懐中電灯を持って再度出発。

声の方角へ向けて、灯りを照らしてみると…。
そこにいたのは、まんまるな目をしたフクロウ君だったのでした。
びっくりしましたねぇ。。。(@_@)

残念ながら漆黒の闇の中で、証拠写真を撮るのは流石に無理でしたが。(^^;

でも近くに棲んでいることがわかったので、
木々の葉が落ちて見つけやすくなる冬〜春の間に
その姿を探してみようと思います。

これからの楽しみがまた1つ増えました。^^

9月花便り その2

その他、名前のわからない花々。

  

  

9月花便り その1


 『ゲンノショウコ』
  今、家のまわりで一番良くみられる花です。
  白い小さな花がかわいらしい。

    


『ミヤマモジズリ』
 これまた小さくて可憐な花です。
 花の時期はそろそろ終りなのでしょうか。
 我が家の庭に残っていたのは、
 この1本だけでした。

 盛りの頃、群生しているところを見れたら
 さぞや綺麗なことでしょうね。

 『ツルリンドウ』
  今回一番の発見。その名の通り、
  蔓になって伸びています。花は
  葉の陰に隠れるように咲いているので
  始めは全く気づきませんでした。

  おかげで見つけた時は、
  ちょっと得をした気分に。^^


『イヌタデ』
 道端のあちこちで花を
 揺らしています。 → → →


似たような花だけど、こちらは
『ハナタデ』 ↓ ↓ ↓



 花のつき方(密集度)が違うんだって。
 ぎっしりついているのが「イヌタデ」。
 まばらなのが「ハナタデ」
 う〜ん。難しい。。。




ちょっと芸術写真風に撮ってみた。


HOME | NEXT ≫

嬬恋村からの便りです。