花冷え

それにしてもここにきて
寒い日が続きますね。
「花冷え」という言葉がありますが
その綺麗な響きとは裏腹な
身を切るような厳しい寒さには
もううんざりです。
早く暖かくならないかなぁ…。

ここ数日に降った雪は、
さすがに根雪となることはなく
日が当たる場所ではすぐに融けて
いきますが、林の中にはまだまだ
あちこちに堅く凍った雪が残っています。



  しかも見て下さい。この固まりを。
  
  これは家の屋根から滑り落ちたもの。
  この量ではGWの頃まで
  融けきることなく
  残っていることでしょう。
 
  こんなものが窓の真下にあるんですから
  いつまでたっても冷える訳ですよね。(^^;




冬に逆戻り

暑さ寒さも彼岸まで。
そんな言葉があった筈なのに。

桜の開花から一転、今日は真冬のような寒さですね。
嬬恋の家のまわりでは、降り出した雨が雪に変わりました。
3月も下旬というのに再び銀世界です。



沖縄→嬬恋



久しぶりの更新になってしまいました。
心配下さった方々、ありがとうございます。私は元気です。^^

実はここ数日、大忙し&大騒ぎの日々を過ごしておりました。

まず先々週は沖縄へ。
70周年の記念演奏会に出演させていただくべく、諸先生方と共に那覇に滞在。

そして先週は春まだ浅い嬬恋へ。
南国沖縄の24℃から、一気に氷点下の真冬へ逆戻りです。
気温差30℃という環境の変化にも適応出来る人間の体って凄い!(笑)

夢中で動いている間に、3月もあとわずか。
東京では桜も開花しましたね。
あたふたしているうちに、季節に取り残されてしまった気分です。




沖縄ではこんな演奏会に参加してきました。
舞台に総勢100名がズラリ並びます。壮観でしょう!

さぁ、私はどこでしょう?
…って、わかるわけないよね〜(笑)。

自然

『自然』 黒田三郎(「もっと高く」より)

  自然は
  沈黙のなかですべてを語る
  せわしげに素どおりしてゆく者には
  その声は何もきこえない
  遠いみどりの岬
  柵のなかの砂
  それだけのこと


©m_kuroda 無断転用はお断りします

モズ

ヤブの中に彼方をじっと見つめる鳥がいました。モズです。
家の周りに生息する数が増えたのか、私の目が慣れたのか、
以前よりも彼らに出会う機会が増えた気がします。



そぉ〜っと近づいたら…。
あ、気づかれた! こっちを見た!!


HOME | NEXT ≫

嬬恋村からの便りです。