足音の正体

家の裏の林の中で、何やらガサコ…ガサコ…と音がするので
そぉ〜っと近づいてみました。

ネズミか? モグラか? と思いきや。
音の主は、意外にも鳥。カケスでした。

カケスはドングリが好物なんだそうです。
そういえば、今は家のまわりにたくさん落ちてますもんね。
秋の味覚を堪能中だったのでしょうか。


家の模型

ひょんなことから頼まれて、ここ数日、家の模型を作っていました。
1/100スケールです。

建築模型を作るなんて、いつ以来? 久しぶりに楽しかったぞ。^^

 

ちょっと不器用?

久しぶりに鳥の写真。イカルです。
寒くなってきたせいでしょうか。
体を膨らませてムクムクしてます。

私にとってイカルは、なんとなく
「不器用」というイメージが強い鳥です。

初めて我が家の餌台に登場した時のこと。
他のカラ類が実に身軽に、華麗に餌台に
着地するのに比べ、このイカルと来たら、
近くの枝をウロウロ、うろうろ。

何度も何度も狙いを定め、えいやっと
飛び移った時には、いかにも重そうな
ドスン!という音が聞こえてきそうでした。
(実際に聞こえた訳じゃありませんけど。)

以来、時折姿を見かけていますが
なかなか餌台には飛び降りようとしません。
ひまわりの種はあまり好みじゃないのかな。

お月様



   『お月様』 黒田三郎 (詩集「悲歌」より)

       夜の町を歩くのは
       でぶのお月様の
       見ているときにしましょう
       おかしな
       おかしな
       お月様と
       心の底から笑って
       お互いがよく見えるように
       少しはなれて
       せめて
       かるく指と指とをからませて
       しずかな
       夜の町を歩きましょう


©m_kuroda 無断転用はお断りします

紅葉狩り



週末、嬬恋へ行って来ました。

猛威をふるった台風の後が気がかりでしたが、御陰様で被害は特には見当たらず。
毎年楽しみにしている紅葉の葉も、なんとか枝に残っていてくれました。

ということで、秋晴れのもと、一足早い紅葉狩りを今年も満喫してきました。
皆さんにも写真をお届けしますね。
景色とともに、秋のひんやりした空気も感じてもらえるでしょうか。








 

ちなみに、ここまで紅葉が進んでいるのは
我が家の周辺だけ。
(うちは特に高い場所に位置しているのです)

軽井沢はじめ、麓の観光地では
ようやく色づき始めたところでしょうか。

朝晩の冷え込みが厳しくなり、紅葉前線は
これから一気に山を下っていくと思われます。
秋の一番良いシーズン。
皆さんもぜひ足をお運び下さい。^^



HOME | NEXT ≫

嬬恋村からの便りです。