鳥の交信

ブログの感想を下さる方のメールには、ほとんどと言っていい程
「ところで、ちょんちゃんは元気?」の一言が。^^

はい。ちょんちゃんは元気です。
嬬恋にも必ず一緒に行っています。車での移動もだいぶ上手になりました。
内弁慶な殿様っぷりは相変わらず。我が旦那様を配下に従え、
日々思いも寄らぬ事件と笑いを引き起こしてくれています。



澄ました顔をしているけど、くちばしに何か付いてます。
寝癖で頭の毛も一本立ってるね。
義姉と一緒に記憶を辿ってみたところ、今年で9歳になると判明。
もうすっかり爺さんです。


さて、そんなよもやま話を書き出すと止まらなくなってしまうので、
今日は嬬恋の家で発見した彼の習性をご紹介しましょう。

嬬恋の家ではベランダに出ると実に様々な鳥の声が聞こえます。
ちょんちゃんはそのほとんどを無視しているのですが、
唯一、返事を返す声があることに気づきました。それはアカゲラです。



アカゲラが「ケッ」と鳴くと、胸を張って「チョンッ」と答えます。

 「ケッ」「チョンッ」
 「ケッ」「チョンッ」
 「ケッ」「チョンッ」
 「……」 「………」
 「ケッ」「チョンッッッ」

それはそれは真面目な顔をして答えるんですよ。

ちなみに、もう一方のアカゲラの様子がわからないので、
この会話が成り立っているかどうかは不明です。
違う鳥同士でも交信することは出来るんでしょうかね?

夏の花 備忘録

まだ8月というのに、今日の東京はなんだか涼しいですね。
このまま夏の話題をノロノロ書いていたら、あっという間に
秋になってしまいそう!…ということで、慌てて夏の花の備忘録を。

今夏は前から欲しかった図鑑をようやくゲット。
これで花の名前も少しずつ覚えていけそうです。…多分。


 『ヤブカンゾウ』
  多弁のユリの仲間でオレンジ色が鮮やか。
  一度覚えてしまうと、あちこちで
  目につくようになりました。
  でも花が咲くのは1日だけなんですって。


 『ミツバフウロ』
  いかにも涼しげな、小さな花です。
  我が家のまわりにたくさん咲いています。


 『シャクジョウソウ』
  図鑑を見なければ絶対わからなかった。
  木陰にニョキニョキ生えているその姿は
  一見するとキノコのようです。
  葉緑体を持っていないので、真っ白な色を
  しているのだそうです。
 


 『メマツヨイグサ』
  これまた家の周りにたくさんあります。
  都内でも線路脇などに生えているのを見ました。

  この花を見る時は大体いつもしおれているので
  不思議に思っていましたが、説明を読んで納得。
  名前の通り、夜に咲く花だったんですね。
  (マツヨイグサ=待宵草)


 『キキョウ』
  ご存知のとおり、キキョウです。
  今更、備忘録に載せるまでもないのですが、
  ちょっと酸っぱそうな顔(?)が
  我ながら気に入ってしまって(笑)。
  せっかくなので一緒にアップしておきます。

珍客来訪

夜もまだ明けやらぬ早朝、聞き慣れない物音で目が覚めました。
 屋根をキュ〜ッとこするような音。
 キュルル…というか、クルルル…というか、何か威嚇するような声。

なんだろう? と外を覗くと。!!!



猿です。
まだ暗かった上に、望遠を使っているので、思いっきり手ぶれをしていますが
とりあえず、その姿はわかってもらえるでしょう?

この土地にもう随分長く訪れていますが、
猿が庭にやってきたのは初めてです。
全部で4頭。まだ若いのか、
それほど大きくはありませんでした。

今夏は長雨と日照不足で実りが悪いとのこと。
こんな所までやって来るとは、きっと山にも
食べ物がないのでしょう。
かわいそうではありますが、でも餌をあげる
訳にはいきません。

これから秋、冬、さらに厳しい季節がやってきます。大変だぁ。

イル・ ソーニョ



私が気に入ったもう1つのお店はイタリアン「イル・ソーニョ」です。

 こちらのコンセプトは
  『リゾート地で気取らずゆったり
   仲間と楽しむイタリア料理』
 とのこと。
 開放感ある店内は、灯りに至るまで
 オーダーメイドで揃えられ
 落ち着いた雰囲気が漂っています。


さて、私がいいなぁと思ったのはそのメニュー。
イタリアンではありますが、材料に地元信州の
野菜がふんだんに使われているのです。

例えば右の写真はペンネ・アラビアータですが、
添えられたキャベツが甘くて美味しいこと!
ただ焼いただけのものですが、素材が良ければ
それだけで美味しいという見本のようでした。


このパイの包み焼きもお勧めです。
(ポットの中身は鶏の香草焼きです。)
写真は既にパイを切り開けてありますが、
テーブルにはオーブンから出したままの状態で
運ばれてきます。
お店の方にその場で切り分けてもらうと、
なんともいえない良い香りが!
あの香りこそが一番のご馳走かもしれません。


丸山珈琲

ハルニレテラス内にはいくつかカフェがありましたが、
その中で私が一番気に入ったのは「丸山珈琲」です。

こちらはカフェ&ブックスで、店内に本屋さんも併設。
コーヒーを飲みながら、店に置かれた本を手に取って読むことができます。
もちろん気に入った本があれば、その場で購入して帰ることも可能です。

 


店の外にはテラスもあって、
こちらで寛ぐのも気持ち良さそう。
写真はテラス席の中ではおそらく特等席でしょう。
目の前に川が流れていて、眺めも雰囲気も抜群。

この日は小雨が降っていたのでこの場所に座る
ことは出来ませんでしたが、次回はぜひここで
のんびりお茶したいな〜。


さて、こちらのお店が特に気にいった理由は、まだあともう1つあります。
この日、私達は自宅用の豆を買って帰ったのですが、
その際なんと「サービスカフェ」ということで、いれたてのカフェオレを
ご馳走してもらえたのです。
それも、豆を買った本人だけでなく、連れの私の分まで!


 さらにさらに。
 カップのふたを開けてみると
 クリームがこんな風に葉っぱの形に。^^

 これは偶然?
 もし意図して描いたものならば、憎い演出ですね〜。

 珈琲が美味しいことはもちろん、
 随所に細かい気配りが光るお店です。

HOME | NEXT ≫

嬬恋村からの便りです。