もっと年がたって



   『もっと年がたって』 黒田三郎(詩集「羊の歩み」より)

         五年たち 十年たって
         私は何を思い出すでしょう

         こんなに目をとじて
         私が何を思っていたのかを
         五年たち 十年たって
         思い出すことができるでしょうか

         こんなに真面目な顔で
         私が何を祈っていたのかを
         もっともっと年がたって
         思い出すことができるでしょうか
         この世の光と闇のなかで


©m_kuroda 無断転用はお断りします

エナガ



久しぶりに小鳥の紹介です。かわいいでしょう! エナガです。

彼らがやってくると頭上がにわかに賑やかに。いつも群れを作って行動しています。
餌台に降りてくることはほとんどなく、たいてい高い木の枝先をついばんでいます。

だから彼らの姿を見るときはいつも見上げる感じ。
逆光になってしまうので、全体像をはっきり見るのはなかなか難しくて。。。

ということで、この写真は実は嬬恋の家で撮ったものではありません。
あしからず。(^^ゞ

雪の結晶

嬬恋は気温が低いせいか、雪の結晶が融けずに降ってくることがあります。
きれいな六角型の形を見れた時は、子供のように嬉しくなってしまう私です。

この日は服に着いた結晶を息を止めて撮ってみたのですが…。わかるでしょうか?



足跡



雪が積もった日の朝は、外に出るのが楽しみです。

真っ白な新雪の上に、小さな足跡がたくさん。
どんな動物が通っていったのかなぁ。



東京初雪

(雪に煙る国道146号)


今日は東京でも初雪が観測されたそうですね。
「朝起きたら窓の外は銀世界?」と思っていたのですが、
私の家の周りでは雪にはなっておらず、ちょっとがっかりでした。

とはいえ、やはり雪が降らないでくれたのは有り難い。
雪の多い地方の方が、どれほど大変な思いをされているかは
嬬恋村に滞在するようになって心底実感するようになりました。

家の中から見る雪景色は確かにきれいで好きですが
いざ、この中で生活しようと思うと、それがどんなに大変なことか!

今夜も山間部の辺りでは雪が続くようですね。
嬬恋の皆さん、くれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

HOME | NEXT ≫

嬬恋村からの便りです。