• 2017-06 ≪
  • 2017-07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  ≫ 2017-08

LUOMUの森

LUOMUの森へ行ってきました。

LUOMU(ルオム)とは、フィンランド語で
「自然に従う生き方」のことを意味するのだそう。
ここは森や木々と触れ合うことで「森の心地よさ」を
感じる場所なんだそうです。

…と言っても、具体的にはどんな所なの?と思いますよね。
私もそう思って行ってみたのです。

すると。
ここLUOMUの森の一番のウリは「フォレストアドベンチャー」。
所謂 “アスレチック” の様な感じですが、子供のみならず
大人も楽しめるかなり本格的なもの。
10mを超す樹の上をハーネスをつけて移動します。





下から見ているだけでも、結構怖い。
滑車に乗って空を移動する女性が放った
森に響き渡るマジな悲鳴が印象的でした(笑)。

高所恐怖症の私はアスレチックなんて
絶対無理!ということで、カフェで優雅に
お茶を楽しみました。

他にもハンモックに寝転んだり、
涼しい部屋で本を読んだり、
いろいろな過ごし方が出来そうです。

「ゆっくり楽しむ」というのが
ここでのキーワードでしょうか。


    『LUOMUの森』
      〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1984-43
      Tel:0279-84-2512
      URL:http://luomu-mori.com/

戸隠森林植物園

記事のタイミングがいささか遅れてしまいましたが。

連休中、ちょっと足をのばして戸隠森林植物園へ行ってきました。
ここは野鳥を見るには絶好のポイント。バードウォッチングに最適なこの時期に、
一度ゆっくり行ってみたいと思っていたのでした。

が。今年はまだちょっと早かったらしい。(>_<)
池の周辺にはまだまだたくさんの雪が残っていて、じっとしていると
寒いくらいで…。

キビタキの姿はちらほら見られたものの、ベストシーズンまでには
あともう一歩という感じでした。残念!

  


でもその代わりに、早春を彩る花々を見ることができました。
この記事をアップしている今頃は、きっと良い季節を迎えていることでしょう。

『ニリンソウ』


   
  『リュウキンカ』
    




 『キクザキイチゲ』
  淡い紫色がきれいでした。

旧北国街道(柳町)


  “真田太平記館” 観覧のあと、
  少し足を伸ばして柳町まで
  歩いてみました。

  ここは旧北国街道の昔ながらの
  街並みが残されています。


距離にすれば数百メートルと、ごく限られた区間ではありましたが
白壁の土蔵や、格子戸の家が並ぶ、風情ある通りでした。

  


  お昼ご飯は街道沿いの
  お蕎麦屋さん「おお西」で。

  お店は昔ながらの木の建物で
  店内にはひんやりと気持ちのいい
  空気が流れます。ご店主考案の
  名物「発芽そば」も美味也。

池波正太郎 真田太平記館

冬から読んでおります “真田太平記” 。
遅読ながらも着々と読み進め、いよいよ物語も終盤となって参りました。

すっかり読み切ってしまう前に、ぜひともと足を運んだのが
こちら「池波正太郎 真田太平記館」。

  場所はJR上田駅から歩いて
  10分程のところ。

  暑い日にも拘らず、私達以外にも
  次々に訪れる人の姿が。
  やはり人気があるんですね。

北軽井沢 人間牧場

前回の記事の補足。

森の中の雅楽・神楽舞の会場となったのは
「北軽井沢 人間牧場」です。

こちらは牧場の他、釣り場があり
イワナやヤマメなどの魚釣りが楽しめます。
釣った魚はその場で炭火焼にして
食べることができるそうですよ。
(私が行った時も良い匂いが漂っていました)

ちなみに牧場は観光用ではないため
一般の人は立ち入ることができませんが
希望をすれば「教育ファーム(要予約)」として
牧場の仕事を体験させてもらえるそうです。


HOME | NEXT ≫

嬬恋村からの便りです。