• 2017-04 ≪
  • 2017-05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  ≫ 2017-06

中山道の旅 蕨宿

荒川を渡り、いよいよ埼玉県へ。
江戸(東京)ともお別れかと思うと
感慨もひとしおです。

今は橋を渡ればすぐに対岸ですが、
江戸の頃は戸田の渡しと呼ばれる
船着き場があって、
旅行く人は船でこの川を渡っていたそうな。

そして次なる宿場は蕨宿。
こちらは街道沿いに昔の面影が残されていて、歩くには楽しいところでした。

  


途中、歴史民俗資料館 分館に立ち寄り一休み。
明治時代の織物買継商の建物を無料で一般に開放しているとのこと。
暑い日だったので、庭を眺めながらの涼風は何よりのご馳走でした。

 


老舗のおせんべい屋さん=萬寿屋さんでお土産を買い、
隣りの三学院にお参りをすませ、次は浦和へと歩みを進めます。

  

中山道の旅 板橋

中山道の旅。
江戸を発して一つ目の宿、『板橋宿』までやって来ました。

江戸の頃、京都を目指す人々の多くは
わざわざ日本橋を出発点とすることはなく、この板橋宿を起点にしたそうです。
見送る人、出迎える人も集まり、往時はたいそうな賑わいだったとか。

今は宿場町としての面影はほとんど
ありませんが、当時の名残なのでしょうか、
街道沿いに延々と商店街が続いていました。

ここでの小さな発見は、
本当に「板橋」という名前の橋があったこと。
地元の方には “当たり前” のこと
なのでしょうが、旅人の私の目には
新鮮に映ります。

  


小さな発見と言えば、もう1つ。
板橋駅前には新撰組の
近藤勇、土方歳三のお墓がありました。

幕末期の話は数々読みましたが、
そういえば、彼等がどの地に埋葬されたのか
全く知りませんでした。
こんな風に二人一緒に眠っていたとは。

今の日本を見て、彼等はどう思い
何を話しているのでしょうね。


中山道の旅 神田明神

再び、中山道の旅。
日本橋を出発し、まず目指したのは神田明神です。

その昔、神田明神は江戸城の
表鬼門を守護する社とされ、
江戸総鎮守として
幕府はもちろんのこと、
庶民に至るまで広く崇敬を
集めたそうです。

朱塗りの立派な神門をくぐり抜け
私もこれから始まる旅の安全を
祈願して参りました。


東京大学赤門を横目に見つつ、さらにテクテクと歩きます。途中、親戚の
お墓参りに立ち寄ったりと、のんびり気ままに歩みを進め、巣鴨に到着。

 ここはやっぱり寄っておかなくちゃ駄目でしょう…
 と言うことで、元気なおばちゃん達に混ざって
 「とげ抜き地蔵」にもお参りしてきましたよ。

 心地良くすいてきた小腹は、名物「塩大福」で
 満たしました。この日の走行距離は約7km。

     

中山道の旅 日本橋

旅の始まりは、お江戸日本橋。



「日本橋」の橋の下、道路の中央には
このような日本国道路元標が設置されています。
  ↓


またその真上には「道路元標地点」の標識が。→


まさにこの場所が、江戸時代に制定された五街道、
=東海道・甲州街道・奥州街道・日光街道・中山道の起点となります。

普段はたくさんの車が往来する道路の真ん中なので、
こんな風に写真を撮ることはまず出来ません。ちょうどこの日は
東京マラソン開催のため交通規制がされており、本当にラッキーでした。

ここから京都までは503粁(粁:キロメートル)。いざ出発です。

 

中山道の旅 出発

京都まで歩いてみたいと思ったのはいつからか。

真田太平記を始め、戦国〜幕末にかけての
時代小説を様々に読みすすむうち
いつしか自分の足で、江戸から京までの
道のりを歩いてみたいと思うようになりました。

そうは言っても、昔の人とは違い
現代に生きる我が身には、一気に歩き通すだけの
時間も体力もありません。
でもいつか、いつか…と思っていたら、
そのうち歳をとって
気力すらなくなってしまいそう。^^;

ということで、思い立って今年から少しずつ
京を目指して歩いてみることに決めました。
暇を見つけては、行ける所まで少しずつ。
何年かかるか、はたまた辿り着けるかもわかりませんが、
まずは始めの一歩を踏み出してみようと思います。

せっかく嬬恋に縁があるのですから、行程は中山道を選ぶことに。
そして2月。東京マラソン開催日にお江戸日本橋から出発です。

そんな訳で今後、道中の記録を、こちら「嬬恋だより」に綴ることにしました。
まずは嬬恋を目標に。のんびり気ままに歩いてみます。

HOME |

嬬恋村からの便りです。